杉本金属工業(株)からのご提案

ハイテン材のプレス加工技術

解決できる課題

加工が難しいハイテン材のプレス加工技術を提供します

杉本金属工業は大型から小型までのプレス機を備え、自動車部品や家電部品を製造する。特に自動車部品が主力である。自動車分野では現在、環境対策に向けて車体を軽量化しつつ強度を保つため、ハイテン材(高張力鋼材)の採用が進んでいる。同社はこうしたハイテン材のプレス加工技術を提供できる。

保有技術

440キロ級~980キロ級のハイテン材の加工技術を保有

ハイテン材の加工は難しく、大型の設備も必要になる。杉本金属工業は大型プレス機を備え、440キロ級~980キロ級のハイテン材の加工に力を入れている。同社は安定的な量産技術をベースとする多数の加工実績を有する。このほかにも、異種鋼板をつなぎ合わせることで一つの素材の部分的な特性を変えられるテーラーブランク溶接材を用いたプレス加工技術を持つ。

実績

自動車の車体骨格部品
ルームエアコン向け金属プレス加工部品

会社概要

会社名 杉本金属工業株式会社
設立 昭和22年6月15日
代表者 代表取締役社長 杉本幸弘
URL http://www.sugimoto-mm.co.jp
課題解決に向けた技術提案
2018日米医療機器イノベーションフォーラム静岡
【サンスター株式会社】技術ニーズ説明会

静岡県経済産業部
産業戦略推進センター
「オープンイノベーション静岡」
TEL:054-221-2578
sangyo-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

ページトップへ